東京スカイツリー 五重塔

伝統建築技術と最新建築技術の融合

634mもの高さのタワーを支えるスカイツリーの基本構造はどのようになっているのでしょうか?

 

東京スカイツリーの設計にあたって参考にされたのが、日本の伝統的な塔「五重塔」です。
五重塔の建物中心を貫く「心柱」がおもりとなっている制震構造を参考とし、
スカイツリーも心柱によって地震や強風時にタワーの揺れが低減されるというしくみになっています。

 

限られた面積の中で、634mもの建物を支えるための土台は、一辺約68mの正三角形になっています。
上部に行くにつれてタワーの断面が円形になっているのがスカイツリーの特徴です。
空に向かって伸びる木のようなしなやかなシルエットは、
日本の伝統的な建築技術「そり」と「むくり」が基本構造の参考になっています。
「そり」とは、日本刀の緩やかなカーブように上方に凹に湾曲していることで、「むくり」とは、
そりの反対で凸に湾曲していることを言います。

 

スカイツリーの基本構造には、日本の古き建築技術と、最新の建築技術が融合されているのです。