スカイツリー トリビア

東京スカイツリーの塔のトリビア(雑学)

東京スカイツリーの塔のトリビア「trivia(雑学・知識)」です。

東京スカイツリーの塔のトリビア「trivia(雑学・知識)」記事一覧

日本国内と世界のタワーと背比べ|東京タワー・エッフェル塔など

日本国内にも沢山のタワーが存在しています。地上100mを超えるタワーの中で一番古い歴史を持つのが、1956年に作られた大阪にある通天閣で103mです。横浜、神戸、京都、札幌、名古屋など数あるタワーの中でも、日本一だったのが、1958年に作られた東京タワーで333mでした。世界の300mを超えるタワー...

≫続きを読む

東京スカイツリーの高さとエレベーター移動の秘密|Tokyo-Skytree

東京スカイツリーは、2008年7月に着工され、完成は2011年12月とされています。展望台などの一般への開業は2012年の5月22日(火)です、今から楽しみにしている人が沢山いるようですね。スカイツリーは、着工当初は完成高さを610,6mとする予定でしたが、2009年10月16日に完成高さが634....

≫続きを読む

リフトアップ工法など|過酷な条件の連続だったスカイツリー建設

スカイツリーの建設を手がけている大林建設は、神戸ポートタワー、京都タワー、さっぽろテレビ塔国内のタワー建設に実績のある建設会社です。今回の600mを超える東京スカイツリー建設にはどのような技術が駆使され、どのような苦労があったのでしょうか。狭い敷地内に細長いタワーを支えることが出来るように、地下50...

≫続きを読む

設計者のスカイツリーに込める気持ち|設計担当 土屋哲夫氏

東京スカイツリーの設計を担当した土屋哲夫さんは、さまざまな苦難の連続だったと言います。展望台部分のデザインは、ドーナツ型や三角形、四角形、さまざまなアイディアがありましたが、実現するのは難しい形ばかりでした。というのも、スカイツリー自体が特殊なデザインで、地上部の断面は三角形をしていますが、高くなる...

≫続きを読む

伝統建築技術と最新建築技術の融合|東京スカイツリーと五重塔

634mもの高さのタワーを支えるスカイツリーの基本構造はどのようになっているのでしょうか?東京スカイツリーの設計にあたって参考にされたのが、日本の伝統的な塔「五重塔」です。五重塔の建物中心を貫く「心柱」がおもりとなっている制震構造を参考とし、スカイツリーも心柱によって地震や強風時にタワーの揺れが低減...

≫続きを読む

五重塔から考えられた地震対策|東京スカイツリーと五重塔

地上634mの世界一の高さを誇る電波塔、東京スカイツリー。日本は地震大国です。2011年3月に起きた東日本大震災の影響から、余震の続く日々に不安を感じている人も多いでしょう。もしものときを考えて、十分な地震対策を行う必要があるのですが、スカイツリーの地震対策にはどのようなものがほどこされているのでし...

≫続きを読む

先人の知恵を借りたタワー設計|東京スカイツリーと五重塔

スカイツリーの設計にあたって一番の壁となったのが、スカイツリー建設地の狭さです。足元の幅と高さの比率を1:10以上にすることが目標とされました。足元が広ければ広いほど踏ん張りが効き、タワーが倒れにくくなります。パリのエッフェル塔も東京タワーも足元は末広がりの形になっています。スカイツリーの断面を安定...

≫続きを読む

スカイツリーがねじれて見える理由|東京スカイツリーと五重塔

東京の新しいシンボルとして2012年には沢山の人が集まるであろう東京スカイツリー。タワーを真下から眺めると、塔がねじれながら空に向かって伸びていくかのように見えるのです。観測地点によっては、タワーが傾いているように見えたり曲がっているように見えたりすることもあります。スカイツリーの構造は足元では正三...

≫続きを読む

省エネに配慮されたシステム|スカイツリーのトリビア(雑学・知識)

東京スカイツリーは、環境対策にも配慮したシステムがさまざま取り入れられることとなっています。スカイツリーでは、省エネ対策で国内初となる地中熱を利用した、冷暖房システムが採用されました。地中の温度は年間を通して15〜17度に保たれています。地中に埋められたチューブに水が循環することで冬は地中の熱を取り...

≫続きを読む

スカイツリーのライトアップ(雅と粋)|スカイツリーのトリビア(雑学・知識)(コ...

東京スカイツリー完成後には、最先端のLEDを使った「雅」と「粋」2種類のライトアップが1日交代で行われる予定です。富士山の冠雪を思わせるグラデーションに、スカイツリーの展望台を一周する光の演出も、ライトアップの見どころの一つとなりそうです。「雅」と「粋」のデザインを手がけた戸垣さんは、真っ先に富士山...

≫続きを読む