隅田川の屋形船

隅田川の屋形船の紹介

隅田川の屋形船の歴史は古く江戸時代から続く江戸っ子の舟遊びです。
隅田川から見上げるスカイツリーの景色はまさに絶景。
絶景を眺めながらの、美味しい料理とお酒は、屋形船の醍醐味でしょう。

 

品川の老舗船宿「三河屋」、屋形船に身を任せていれば、
江戸時代から続く日本の風流を肌で感じることができるでしょう。
目の前で新鮮なネタを握ってもらえる「江戸満喫プラン」、
築地で仕入れたこだわり食材を使い「漁師揚げ」と呼ばれる
サクサクの揚げ方をした天ぷらが三河屋の看板メニューです。
三河屋の大型船は定員80人、乗合船には2人から予約が可能です。

 

晴海、朝潮小型乗船場、お台場など4箇所の乗船場所が選べる「晴海屋」の屋形船。
晴海屋は掘りごたつに、スカイデッキ仕様の豪華屋形船で、スカイツリー観覧コースが人気を集めています。
晴海屋の屋形船では船内で揚げる江戸前の天ぷらのネタは鮮度、香りともに最高の逸品となっています。

 

屋形船発祥の地柳橋から出船する「あみ新」。
あみ新はJR浅草橋から徒歩2分というアクセスの良さからクラス会や誕生日会など
気軽に利用することの出来る屋形船です。
あみ新の屋形船で都会の喧騒を忘れて美しい夜景と美味しい料理を心ゆくまで堪能できるでしょう。

江戸っ子の舟遊び隅田川の屋形船の紹介|三河屋・晴海屋・あみ新関連ページ

墨田川花火大会
墨田川七福神巡り