プラネタリウムスカイ 水族館

東京スカイツリー内の憩いの場

東京スカイツリーに併設される商業施設の中に、プラネタリウムと水族館が入ることになっています。

 

押上駅側のタワー東ゾーンの7階に、「コニカミノルタプラネタリウム“天空”in東京スカイツリータウン」がオープンします。
直径18メートルのドームを備えた多機能型ドームシアターで、CG映像を投影した全天周映像システムによるオリジナルプログラムが上映される予定となっています。
座席数は約220席で、臨場感溢れる映像が見られるでしょう。
コニカミノルタは、日本で初めてプラネタリウムを製作した会社です。

 

業平橋駅側のタワー西ゾーンの5〜6階に、「墨田水族館(仮称)」がオープン予定です。
ただ海辺の生き物を展示するのではなく、水族館の枠を越えた都市型水族館を
目標としてオープンに向け準備が進められています。
憩いの場として、環境学習の場として、さまざまな役割を果たすことでしょう。
運営はオリックス不動産で、新江ノ島水族館のノウハウを生かした水族館作りが期待されます。

東京スカイツリー内の憩いの場|プラネタリウムスカイと水族館関連ページ

巨大複合施設の誕生
スカイツリーインフォプラザ